読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unbox Hands

ヨーロッパで過ごしてます。漫画はkindleでしか買えない、、、映画はamazonかitunesでしか見れない、、、買い物はイギリスかドイツのアマゾンでしか買えない、、、いろいろレビューします。

『ゴールデンゴールド』1巻、2巻 感想・ネタバレ注意 / フクノカミと寧島の人々の不思議な物語

f:id:dagboek:20170302145844j:plain

 『ゴールデンゴールド』寧島と言う本当に日本のどこかにありそうな孤島が舞台で、

フクノカミという奇妙な生物と孤島に住む少女・早坂琉花が繰り広げる奇妙な物語です。

 

 

1巻の前半部分はなんやこの青春ラブストーリーはと思いましたが、、、中盤から後半へと怒涛の展開!


1巻を読み終わったときにはすぐ2巻を買ってしまうくらい面白かったです。
2巻はただただ怖い。。。

普通の漫画じゃなく、ちょっと変わった漫画が好きな方にはオススメです!

 

 

以下、『ゴールドゴールド』の1巻と2巻の感想です!
※ネタバレあります。

 

 

 

 

 

都会に馴染めない少女・琉花が不思議な人形に出会う。

 

『ゴールデンゴールド』の舞台は寧島という孤島が舞台です。
この島は福の神が立ち寄ったという逸話がある島です。

 

作中に尾道大崎みかんといったワードが出ているので、舞台は広島は瀬戸内海にある島が舞台っぽいです。
そのうち聖地巡礼とかなるぐらい人気そうな気配。


そんな島の海辺で琉花がへんな人形を拾ってから、島の住人だけでなく色々な人を巻き込む物語がスタートします。

 

f:id:dagboek:20170302150020p:plain

ゴールデンゴールド1巻 39ページより

 

拾った人形はヌメヌメしててきもいので、2回も洗ったけどどうしていいかわからず、
神社で供養してもらいに行くも、掃除のおっちゃんしか居なくてしてもらえず、、、とりあえず空いている祠にお供えしてみることにしました。

 

f:id:dagboek:20170302150138p:plain

ゴールデンゴールド1巻 49ページより

幼馴染のオタク及川に恋しているので、アニメイト建ててほしい、、、なんてめっさ個人的なお願い

 

 

 

人形動く。 

祠にお供えすると、、、なんと人形が動き出します。。。

とにかくきもい。きもい。きもい。1メートルぐらいでしょうか?とにかくきもい。
めっちゃ走ってくるし、チャリのカゴに乗ってくるし、、、

 

f:id:dagboek:20170302150322p:plain

 ゴールデンゴールド1巻 51ページより

福耳すごい。。。

 


こんな見た目なのに、島の人にはふつうのおっさんに見えているみたい。。。
会話も成り立っているようで、、、


しかし、たまたま東京から取材にきていた小説家の黒蓮先生や、本島生まれの琉花。つまりは島外の人には、
きもい見た目のまま見えているし、何言っているかわからない。。。もちろん部外者の私たち読者も理解できず、、、

 

f:id:dagboek:20170302150432p:plain

ゴールデンゴールド1巻 113ページより

島の人からすれば、島の出身ではない琉花たちが変な人になっている?

 

この生物が来てから、琉花のおばあちゃんが営んでいる民宿や商店が大繁盛!!うらやま
なにやらお金を呼ぶ力があるこの生物を、黒蓮先生フクノカミと名付けました。

 

フクノカミのもう一つの力

 

お金を呼んでくれるだけなら願ったり叶ったりのヒャッホーな展開なのですが、、、
もう一つ恐ろしい力があることが発覚します。
それは、、、

f:id:dagboek:20170302150528p:plain

 ゴールデンゴールド1巻 202ページより

「せにゃあいけん!」


完全に洗脳されてますね。これ。
1巻の最後には、おばあちゃんは言動だけなく顔までフクノカミります。。。

 

そういえば1巻のはじめは、武士がフクノカミの顔をした人たちを斬りまくるところから始まってますので、もしかしたら今後の展開は、島の人たち全員フクノカミ化するのかも、、、

 

f:id:dagboek:20170302150847p:plain

 ゴールデンゴールド1巻 7ページより

 


洗脳する理由は2巻でなんと無くわかります。。。

 

f:id:dagboek:20170302151027p:plain

  ゴールデンゴールド2巻 101ページより

「人々の祈り?信仰心を食ってる?」


それと同時に洗脳されまくっているおばあちゃんの顔も徐々に若返る?
というよりかは、フクノカミ化が進んでいる模様。。。。

 

人を錯乱させるような虫まで呼び出して、、、

フクノカミのご機嫌を損ねると亡き者にされちゃうし、、、

 

1巻と2巻をよんでみて 

 

一体これからどうなるんだろう!
フクノカミはいい部分もあるけど、結局のところどうなんだろう、、、、
ふと、神社にいた掃除のおっちゃんの一言がきになります。

 

f:id:dagboek:20170302151139p:plain

 ゴールデンゴールド2巻 44ページより

「神さんなんて人間のために何かしてくれるモンじゃないで」


結局、フクノカミは自分自身のためにおばあちゃんや島の人たちを利用しているだけなんだろうか。。。

 

3巻が待ち遠しい!!